薬局に行けば、実に豊富な種類の鎮痛剤が手ごろな値段で手に入ります。

確かに鎮痛剤は、たとえ一時的ではあっても、手軽に痛みから解放してくれる大変便利なものです。

しかし、便利さだけでなく、その危険性も理解していおかなくてはなりません。

鎮痛剤に限ったことではありませんが、むやみに市販薬を服用することは胃粘膜の防御機能の低下に繋がります。

その結果、胃酸が胃粘膜を傷つけるようになり、胃炎や胃潰瘍、最悪の場合は胃がんになる可能性があるのです。

“薬剤乱用性頭痛”をご存知ですか?

頭痛に対して正しい対処を行わず、“頭痛が起きたらすぐに鎮痛剤を飲む”という習慣を長年続けている方に多くみられる疾患です。

鎮痛剤の過剰摂取が原因により頭痛が引き起こされ、それを治すために、さらに鎮痛剤を服用する…という悪循環の結果陥る、とても厄介な疾患ともいえます。

慢性化することが多く、生理の日以外でも支障をきたすほどの頭痛に襲われることになりかねません。

鎮痛剤はあくまでもその場しのぎ。体質を改善しない限り、生理痛は解消されません。生理のたびにを鎮痛剤を服用し続けるということは、閉経を迎えるまで体に負担をかけ続けることになります。

50年ほど前の女性には、生理痛がなかったということをご存知ですか?

生理痛は、現代に生きる女性ならではの痛みなのです。

生理痛の主な原因1:ストレス

現代女性は、日々ストレスと戦っています。

毎朝、通勤・通学電車でイライラ。
車移動なら渋滞にイライラ。
会社や学校の人間関係にイライラ…。

こうした小さなイライラの積み重ねは、普段は仲のいい友人、家族、恋人に八つ当たりをしてしまう原因となります。さらにはそんな自分に自己嫌悪し、またそれがストレスとなって、悪循環に陥ってしまうのです。

生理痛の主な原因2:冷え

また、ストレスは、ホルモンバランスや自律神経を乱し体温調節機能のはたらきを鈍らるため、体中の冷えを招きます。

この冷えも、生理痛を悪化させる大きな原因のひとつ。昔に比べ、どんどん欧米化している住居環境や食生活も、現代人をさらに冷えやすい体質へと変化させています

もともと男性に比べて冷えやすい女性の体。なおさら、問題は深刻です。

生理痛の主な原因3:プロスタグランジンの過剰分泌

プロスタグランジンは、経血をスムーズに排出させるために必要な物質ですが、過剰に分泌されると、子宮の収縮が過剰になり陣痛のような痛みを引き起こします。

さらに、この物質には痛みを強める作用もあるため、頭痛や腰痛、関節痛など体の各所に痛みを悪化させる原因に。

ストレスや冷えは、このプロスタグランジンの分泌を活性化させてしまいます。

さらに、原因はまだまだまだあるんです。

現代女性は、昔の女性に比べて、一生で経験する生理の回数が倍に増加しました。その主な原因は以下の通りです。

生理の回数が多くなるということは、それだけホルモンの 分泌期間が長く、子宮の変化が多くなるということ。

さらに、生理痛で苦しむ時間が人生の中でとても大きな割合を占めることになるということなのです。

現代の閉経の平均年齢はおよそ50歳と言われています。

現在、仮に25歳だった場合、あと25年間です。

日本人女性の平均寿命がおよそ87歳ですので 残りの人生の4割は、生理痛と付き合って行かなくては ならない計算になります。

ちなみに、生理痛を軽くする方法として有効とされているのは…

◆ストレスや冷えをなくす

◆できるだけ若いうちに出産し、出産回数を増やす

主に、このふたつと言われています。

しかし、考えてみてください。

現代を生きる私たちに、ストレスや冷えから逃れられる術なんてあるのでしょうか?

仕事や学校、家事はストレスが溜まるから、と簡単に辞めることなんてできません。

冷え対策に、住居環境や食生活を変えることはできるかもしれません。
でも、今すぐできることなら、あなたは既にやっているはずですよね。

できるだけ早く出産するためだけに、今すぐ結婚できますか?

出産回数を増やすためだけに、金銭的なことや将来的なことを差し置いて、次々に出産することができますか?

どれも絶対にできないことではないかもしれません。

でも、現実的に無理なのです。


“純潔の樹”を意味するチェストツリーは、その名の通り、 性欲を抑えるために紀元前より用いられたハーブです。

低用量で使用した場合、性欲抑制の効果は薄れ、女性ホル モン調整作用としての働きを持ちます。

ドイツでの研究により、果実に月経周期を正常に保つ作用 があることが分かっており、さらにいくつかの臨床試験では、 PMSや不妊症に効果があることが分かっています。


リラックス効果があるとともに、神経細胞を守る働きがあるとされ、古くから痛みどめとして使われてきました。

さらにリフレッシュ効果が高く、軽い鬱状態にも効果があ るといわれています。

血行を促す作用もあるため、冷え対策にも。


紀元前から、女性のための薬草として栽培されてきた紅花には、婦人病を改善する効果や便秘改善など、女性にうれしい効果が期待できます。

さらに、痛みを抑制する効果もあるので、生理痛の痛みをやさしくやわらげてくれます。


体を温め、血行を促進する作用があることで知られる生姜は、冷え症の改善に効果があります。

さらに、吐き気や痛みを緩和し、むくみを防止する効果も期待でき、生理中の女性の体をやさしくサポートしてくれます。


古くから南アフリカでは、発酵・乾燥させたルイボスの葉を煎じたものが、「不老長寿のお茶」として飲まれ続けてきま した。

ルイボスを煎じたお茶には、強い不安感やパニックを 引き起こす原因とされているカフェインが含まれていないため、生理中には最適のお茶といえます。

活性酸素の働きを抑える効果もあるので、アンチエイジングにも期待ができます。


ビタミンB群、E、カルシウム、カリウム、鉄分など、お肌に嬉しい成分がたっぷりと詰まっている大豆は、生理中のさまざまなお肌の悩みを解消してくれます。

さらに、アミノ酸の 中に含まれるGABAにはリラックス効果も。


代謝機能を活性化し、老廃物の排出を促してくれるハトムギは、肌荒れ、むくみの改善をサポートしてくれます。さらに、 女性に嬉しい美肌・美白効果も。

※妊娠中の方はご注意ください。


羅漢果の最も優れた点は、抗酸化作用にあります。

体の酸化・老化を改善してくれるので、便秘や、シミ・そばかす、ストレスの解消をサポートしてくれます。


桑の葉は、野菜が不足しがちな現代人にとても嬉しい存在。

カルシウムが小松菜の約1.5倍、鉄が小松菜の約15倍、カロテンがホウレンソウの約10倍も含まれており、便秘の改善や、ダイエット効果が期待できます。

それでは、実際にルナリズムティーを体験された方々からの声をご紹介します。

動けないくらい酷かった痛みが軽くなりました♪

毎回生理になると、朝ベッドから起き上がれないくらいお腹が痛くなってました(汗) 仕事に行くのも一苦労で…。鎮痛剤を飲んでやっと動けるくらいでした。

モニターに選ばれて、本当に効くかどうかは正直疑っていたんですが、 「少しでも痛みが無くなれば…」と試してみました。

そしたら、今までの激痛が嘘みたいに軽くなったんです!

朝から普通に生活できるようになりました♪

しかも、アップルティー味ですごく飲みやすくて気に入りました♪
おかげで毎月憂鬱にならずにすみそうです。これからも愛用します♪

愛知県/24歳/栗山さま

生理中は情緒不安定になるのが悩みでした。些細なことでイライラして、彼氏に八つ当たりするのが毎月続いて、彼もウンザリ… 「生理中は会いたくない」とまで言われちゃいました(涙)

そんな時に、デートコスメさんの『ルナリズムティー』のモニターに当選!わらにもすがる思いだったので嬉しかったです。

ルナリズムティーを飲むようになってから、全然イライラしなくなって、喧嘩も無くなりました!

彼氏にも「最近機嫌いいね!」って言われるし、ルナリズムティーのおかげでラブラブに過ごせています♪

神奈川県/22歳/吉田様

体があったまって、だるさも解消!

座りっぱなしの仕事で、冷えとむくみが悩みでした。おまけに生理のときはこれに痛みが加わって、頭がボーッとした症状に…。
きつくても周りに理解されないし、生理が毎回ユーウツでした(T_T)

ルナリズムティーを試したのはダメもとだったけど、実際飲んでみたら、すごく体があったまってビックリ!

むくみにくくなったし、生理中のだるさもなく、とても体調がいいです♪

毎日オフィスで飲んでますが、これで仕事もミスしなくなればなぁと期待してます(笑)

北海道/27歳/大野さま

私が毎月、生理痛に悩まされる期間はおよそ2週間。

生理中はもちろん、生理前後もかなりひどい生理痛に悩まされていました。

頭痛、腹痛、吐き気、イライラ…
生理初日なんかは、ベッドから起き上がれないほどの痛みと戦っていました。

痛みを抑えるために鎮痛剤を服用しましたがそれでも痛みはおさまらず、 効き目の強い薬を1日に何度も飲まなければいけないほどでした。

また、薬の飲み過ぎが原因で胃が荒れ、 胃に穴が開く寸前のところまでいってしまったこともありました。

さらに、生理で辛いのは痛みだけではありませんよね。

理由もなくイライラしてしまったり、悲しくなってしまったり…。
感情がコントロールできなくなってしまうんです。

それが原因で、彼氏に八つ当たりして喧嘩したことも 数えきれないくらいあります。

生理が終わるまで、一生この痛みやイライラと付き合わなければいけないのか?

薬に頼らずに、体に負担がかからない自然な方法で生理痛を和らげることはできないだろうか?

こんな私の悩みが、ルナリズムティー開発のきっかけでした。

生理痛で悩んでいる女性は多いはず。一人でも多くの、生理で悩んでいる女性を救いたい!という思いで開発に取り組みました。

デートコスメの自信作ですので、 ぜひ一度お試しください。
今よりも確実に楽になることは間違いありません。

P.S.
私も実際にルナリズムティーを飲むようになって、 生理が来るのが全く憂鬱でなくなりました。

一番嬉しかったのは、彼氏と別れそうだったのに、 今では婚約できたことです。毎月生理がくるたびに喧嘩していたのに… 今では本当に穏やかな生活が送れるようになりました。

今まで生理に悩まされていたのが嘘みたいです。
あなたが本当に悩んでいるなら、とにかく一度試してみてください。

神田 みなみ(担当)

本当に生理痛がなくなりますか?

もちろんです。

個人差や痛みの程度にもよりますが、痛みを抑える成分や、生理痛の原因であるストレスや冷えを緩和させるハーブを配合しました。また、継続的にご使用いただくことで体質改善にも繋がり、より効果を実感していただけるかと思います。

痛みだけでなく、イライラや倦怠感にも効果はありますか?

もちろんです。

リラックス効果の高いハーブを配合しておりますので、生理中のイライラや倦怠感にも効果を発揮致します。

使うのをやめたらまた痛みが再開してしまいますか?

継続して飲まれることをおすすめします。

私たちは日々ストレスや冷えに晒されています。 飲用していただくことで生理痛緩和の効果が期待できますので、継続的にご使用いただくことを推奨しております。

いつ飲めばいいですか?

生理期間中をメインに、いつでもお飲みいただけます。

生理中や、生理前など痛みやイライラが気になるときにご使用ください。 生理中でなくても、気分転換や、体が冷えたときなどもご使用いただけます。

毎日飲んでも大丈夫ですか?

はい。

体質改善のために、毎日飲まれているお客様も多くいらっしゃいます。

ノンカフェインですので、体に負担をかけることもありません。

どんな支払方法がありますか?

NP後払い、代金引換、クレジット決済をご用意しております。

NP後払いはコンビニや金融機関で後払いができるサービスです。(※手数料:NP後払い210円/代金引換325円)

※商品の価格は税抜き表示です

※商品の価格は税抜き表示です